JA3GQJ Home Page
 Top

 Image Exchange Over Internet or HF Band インターネットやHF帯で画像通信

You can see 6 images received in Peanut's IMAGE QSO room or TEXT QSO room. Images received on the HF band may also be included. We also introduce the software required to send and receive images as well.

PeanutIMAGEQSOルームかTEXTQSOルームで受信した6枚の画像が表示されています。HF帯で受信した画像が含まれることもあります。画像の送受信に必要なソフトウエアなどの紹介もしています。


Click on the image to enlarge 画像をクリックしたら拡大されます。
Received six(6) images



Here is a thumbnail of the remaining 24 images (image7-image30) received in the peanut IMAGE QSO room or TEXT QSO room and uploaded to Digi-Sites. Images received in the HF band may also be included. This page also introduces the software required to send and receive images. Click on the image to enlarge.


これは、ピーナッツのIMAGEQSOルームまたはTEXTQSOルームで受信され、Digi-Sitesにアップロードされた30枚のサムネイル画像です。 HF帯で受信した画像も含まれる場合があります。 このページでは、画像の送受信に必要なソフトウェアも紹介しています。画像をクリックしたら拡大します。

image7

image8

image9

image10

image11

image13

image14

image12

image15

image16

image17

image18

image19

image20

image21

image22

image23

image24

image25

image26

image27

image28

image29

image30
PDF Files(各種体験記)
There are a pdf document that summarizes the experience when exchanging images using MMSSTV or MixW2 with CQ-100 on the internet before.
Click
以前、インターネット疑似通信ソフトのCQ-100でMMSSTVやMixW2を使って画像交換したときの体験をPDFにまとめた資料があります。上のClickを押してください。
Software(ソフトウエア)
CQ-100, HamSphere, TalkForce, Zello, Peanut and WinDV are the internet pseudo communication software that has been used. And the image exchange software are MMSSTV, MixW2, JT65, FT8 etc.

これまでに使用したことのあるインターネット用の疑似通信ソフトはCQ-100, HamSphere, TalkForce, Zello, Peanut, WinDV等で、それに抱き合わせる画像交換ソフトはMMSSTV, MixW2,JT65,FT8などです。

Schematic of my understanding about image exchange
In the image exchange conducted use of peanut in June 2019, the figure on the right is a schematic diagram which of image exchange by cooperation of these 4 types of software on a personal computer which I understand.The Peanut replaces the radio. Click on the screen to enlarge it. Four type of software are ,WSJT-X, Digisite, Peanut and Image Controller Easy.
A PDF file summarizing the experiences("My experience of image exchange using of FT8 at Peanut system") is available at URL http://ja3gqj.com/archive/peanut/imageexchange_E.pdf

2019年6月に行った画像交換の4種類のソフトは下段に示すURLからダウンロードしました。右の図は私が理解するこれら4種類(WSJT-X, Digisite, Peanut, Image Controller Easy)のソフトのパソコン上での連携による画像交換の模式図です。 無線機の代わりをするのがPeanutです。 画面をクリックすると拡大して表示されます。体験記をまとめたPDFファイルがhttp://ja3gqj.com/archive/peanut/imageexchange_J.pdfにあります。 

 imag1
Peanut
http://www.pa7lim.nl/peanut/
 Peanut is a communications software developed by David PA7LIM in the Netherlands that incorporates new ideas for use on the Internet. The great thing about this software is that it can be linked to digital signal processing systems such as D-Star. Exchange images over the Internet using WSJT-X's FT8, MSFK144, Q65 modes and peanuts. However, FT8 mode etc. cannot be demodulated by a system with a narrow band that processes digital signals such as D-Star, so peanuts with a wide band are optimal. So far, I have used CQ-100 instead of peanuts for Internet communication. .

PeanutはオランダのDavid PA7LIMさんが開発した通信ソフトウェアで、基本的にアナログ信号を処理し、インターネット上で使用できる新しいアイデアを取り入れています。 このソフトウェアの素晴らしいところは、D-Starなどのデジタル信号処理 システムにリンクできることです。 PeanutとWSJT-XのFT8,MSFK144,Q65モードを使用してインターネット経由で画像を交換します。 ただし、 D-Starなどのデジタル信号を処理する帯域の狭いシステムでは、FT8,MSFK144,Q65モードの文字が復調できないため帯域の広いピーナッツが最適です。以前はCQ-100などを使っていました。
 peanut
Image Controller Easy  

Image Controller Easy can be used in combination with WSJT-X or Vari Image Front to decipher characters sent in FT8, msfk144, Q65, msfk_U, bpsk, and rtty modes and receive images and music prepared by the sender. This is the software developed by Kazu San JQ1 HDR. As you know, WSJT-X's FT8 mode is usually a mode that can handle weak signals in the short wave band, but we use these in combination with Peanut instead of a transceiver on the Internet.
JQ1HDR Kazu's page is http://jq1hdr.world.coocan.jp/Instruction2/index.html.

 Image Controller EasyWSJT-XVari Image Frontと組み合わせてFT8,msfk144,Q65msfk_U,bpsk,rttyモードで送られる文字を解読して送信側が用意した画像や音楽を受信することが出来るKazuさんJQ1HDRさんが開発したソフトです。 ご存知のようにWSJT-XFT8モードは普通, 短波帯などで微弱信号が扱えるモードですが私たちはこれらをトランシーバーの代わりにPeanutと組み合わせてインターネットでPe使います。

JQ1HDR Kazuさんのページは http://jq1hdr.world.coocan.jp/Instruction2/index.htmlです。

 imag1
 Vari Image Front

Vari Image Front is used in combination with Image Controller Easy. Image Controller Easy processes the character signal sent in msfk_U, bpsk, rtty mode of Vari Image Front. You can receive images and music prepared by the sender. The software was developed by Kazu San JQ1HDR. J
Q1HDR Kazu's page is http://jq1hdr.world.coocan.jp/Instruction2/index.html.
 

Vari Image FrontImage Controller Easyと組み合わせて使います。Vari Image Frontmsfk_U,bpsk,rttyモードで送られる文字信号をImage Controller Easyで処理します。送信側が用意した画像や音楽が受信できます。ソフトはKazuさんJQ1HDRが開発しました。
JQ1HDR Kazu
さんのページは http://jq1hdr.world.coocan.jp/Instruction2/index.htmlです。

 imag1
WSJT-X
https://www.physics.princeton.edu//pulsar/k1jt/wsjtx.html
WSJT-X is widely used by amateur radio stations around the world. Among many modes, FT3, MSK144, Q65 are used for image exchange.
 
WSJT-Xは世界中のアマチュア無線局に広く使用されています。沢山のモードの中からFT8,MSK144,Q65を画像交換に使います。
 WSJT-X
Digi-Sites

http://w3wvg.com/_mgxroot/page_10727.html

It is a software to openly display received image theat are famous among friends of image exchange communication. The above thumbnail image is linked to my Degi-Sites.

画像交換通信の仲間の間では有名な受信画像を公開表示するソフトです。最上段のサムネイル画像は私のDigi-Sitesにリ ンクしたものです。
 Digi-Site